【77%OFF】AudiorityのリバーブPolarisがセール中(3/2まで)

終了セール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【77%OFF】AudiorityのリバーブPolarisがセール中(3/2まで)

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

これaphex twinとかIDM系が好きな人、そういった曲作る人は買いです。
(これで1,115円は素晴らし過ぎます)

とりあえずどんな音が出るかは動画を見てみて下さい。
(本来の使い方とは違うかもしれませんが、この音を聴いて欲しくなる人はいるはず!)

私はこの音好き過ぎるので速攻買いました。(気付くの遅れて出遅れてますが・・・)

Polaris by Audiority | General Overview & Preset Preview

概要

Polarisは、1970年代後半の初期ハードウェアデジタルリバーブに触発されたエコー/リバーブプラグインであり、単一のマルチタップ遅延ラインからエコー、アンビエンス、リバーブを提供できます。

ハードウェアのデジタルリバーブが市場に登場したとき、それらは本当に高価でした。ほとんどのメーカーはすでに櫛とオールパスフィルターのチェーン(スムーザーリバーブ、リソースとチップの両方で高価)を利用しており、単一のマルチタップ遅延ラインを使用して、手頃な価格を維持しながら合理的なリバーブを作成することを含む他の手法がありました。

このアイデアは非常にシンプルでありながら強力です。無変調のタップ(Early Reflections)の束と残りの変調されたタップ(Diffusion)を組み合わせて、安価で説得力のあるリバーブを作成します。

EchoタップをDiffusionセクションで再循環させ、リバーブテールを長くすることにより、このテクニックを拡張しました。さらに、すべてのタップを簡単に編集して、独自の部屋の反応、共鳴コーム、Karplusのような調整されたディレイライン、コーラス、フランジング、ビブラートなどを簡単に作成できます。

v1.1から、シマー、内部サンプルレートの削減(ビンテージデジタルサウンドを得るのに便利)、ステレオ幅(ピンポン遅延)などの新機能を導入しました。

v1.3から、着信信号のトランジェントを滑らかにするスウェル機能を導入しました。アタックタイムは遅延時間に自動的に一致します。この新機能は、アンビエントギター、強烈なエンドレスパッドなどに最適です。

v1.5から、新しいEchoエディターページにPre-Delay、Modulation Boost、3 Band Feedback Equalizerを導入しました。

システム要件

Windows

  • Windows 7 64-bit以降
  • VST2, VST3, AAX (64-bitホストのみ)

MAC

  • OSX 10.8 or later
  • VST2, VST3, AU, AAX (64-bitホストのみ)

 

 

コメント