AudioDamageのFilterstation 2の使い方(応用編③)

プラグイン
スポンサーリンク

AudioDamageのFilterstation 2の使い方(応用編③)

AudioDamageのFilterstation2の使い方最後です。

今回はエンベロープのサイドチェインについてです。

サイドチェインはサインチェインインプットの入力に反応してFilterが動作します。

この時AttackとDecayレベルでFilterの開閉スピードを調節出来ます。

サイドチェインを使った方が、自分でタイミングを自由に調節出来ます。

サイドチェインでエンベロープをトリガーする

まず設定方法です。

サイドチェインインプットに入れるのはここでは「3x OSC」を使います。
(何でも良いのですが、長さを自由に調整出来る方が良いです)

なお音量は最大にしておきましょう。

 

Mixer1に「3x OSC」を入れ、Mixer 2に「Filterstation2」はインサートします。

Mixer 1を選択した状態で、Mixer 2の「▲」の上で右クリックから「Sidechain to this track」をクリックします。

「3x OSC」を鳴らさない場合は、ルーティングを削除します。

Mixer1を選択した状態で、以下の赤枠部分をクリックします。

一応動画も用意しました。

「Filterstation2」の画面上部の歯車アイコンから「Processing」->「Connections」の「2 SC L/SC R」を「1」にします。
(他にサイドチェインを設定している場合は、適宜変更する必要があります)

「Filterstation2」の「SIDECHAIN」を点灯させます。

「3x OSC」のピアノロールに適当に入力します。

あとはFilterを掛けたい音をMixer2に入れて再生すればサイドチェイン入力に反応しれFilterが開閉します。

開閉スピードはAttackとDecayで調節出来ます。

AudioDamageのFilterstation 2の使い方(応用編③)まとめ

いや~使い易いですし、効果も素晴らしいですね。

なんかMeldaさんのプラグインとAudioDamageさんのプラグインを足して2で割ったら良いプラグインが出来るんじゃないかと思ってみたり。

今回は普通にLowPassFilterを使いましたが、Filterの種類を変えれば色々な効果が得られます。

これでAudioDamageのFilterstation 2の使い方シリーズは終わりにします。

次回はCyclopあたりの使い方を書いてきます。

コメント