AudioDamageのFilterstation 2の使い方(基礎編②)

プラグイン
スポンサーリンク

AudioDamageのFilterstation 2の使い方(基礎編②)

ちょっと今週は仕事が立て込んでいて、短めの記事が続きます。

後日以下の記事をまとめます。

前回の記事はこちらから

・2基のFilterのシリアル、パラレル、Stereo接続を理解する

 

2基のFilterのシリアル(直結)、パラレル(並列)、Stereo接続を理解する

以下のルーティングの部分です。

SERIES – 信号は最初にFilter1を通過し、次にFilter2を通過します。

前回解説したFilterを1基のみ使う場合や、前段はLowPassFilterをLFO使ってモジュレートし、後段でHighPassFilterを使って要らない低音をカットするといった使い方等が出来ます。

PARALLEL – 信号はスプリットされ、Filter1とFilter2を同時に通過し、2つのフィルターの出力は一緒に加算されます。

パラレルを使うと二つのフィルターの良い所取りが出来ます。

シリアルだと良くも悪くも強く掛かりますので、使い分けすると原音を薄く残しつつもフィルターの効果を付ける事が出来ます。

STEREO – 左の音声信号はFilter1を通過し、右の音声信号はFilter2を通過します。

左右別々のFilterを通しますので、左右に広げる事も出来ますし、VCAを使うとトレモノやゲートといった事も出来ます。

AudioDamageのFilterstation 2の使い方(基礎編②)まとめ

やっぱ使い易くて良いですね。

あと2回でLFOとエンベロープ(サイドチェイン)をやって終わりにします。

コメント