【無料】Audio AnimalsがTape Simulator 2、Vinyl Simulator 2をリリース

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Audio AnimalsがTape Simulator 2、Vinyl Simulator 2をリリース

Audio Animals社からTape Simulator 2、Vinyl Simulator 2がリリースされました。

面白い事にこれらはエフェクトではなく音源でエフェクトとしての使用になるかと思います。

Lo-Fi Hiphopに使えそうです。

Tape Simulator 2

Tape Simulator 2は、ヴィンテージリールツーリールテープマシンの無料サンプルベースのVSTインストゥルメント(エフェクトプラグインではありません)です。 VSTは、テープへの録音時に見られる本物のノイズタイプを追加することで、テープマシン上で実行されている曲をシミュレートするために使用できます。ノイズの種類には、リール、テープ、ノイズ、ハムなどがあります。各ボタンを押すと、機械の起動音、巻き戻し音、早送り音、およびストーピング音をシミュレートできます。この無料のVSTを使って、プロダクションのテープの本物のサウンドを手に入れましょう。

Vinyl Simulator 2

Vinyl Simulator 2は、ビニールレコードデッキの無料VSTシミュレーターです。 VSTはビニールで演奏されているあなたの歌をシミュレートするために使用することができます。あなたの歌の下に本物のビニールの音を重ねることによって、あなたはビニール録音に象徴的な有機的なテクスチャーを加えるでしょう。 VSTはレコードデッキと同じように機能します。ビニールを演奏するにはスタートボタンをクリックしてください。ビニール速度を変更するには、右側のピッチコントロールを調整します。ビニールを切り替えるには、ビニールの中央をクリックして、再生したいビニールの日付を選択します。

 

その他の無料コンテンツ

 
これらの他にも無料のサンプル音源やVSTが無料で公開されています。
サンプルベースの303のVSTもあります。

 
 
 
 

アカウント作成方法

一応アカウント作成方法も解説しておきます。

こちらにアクセスすると以下の表示がされます。

「Username」に任意のユーザネームを入れ、「Email address」メールアドレス、「Password」にパスワードを入力します。

チェックボックスにチェックを入れ、「Register」をクリックします。

もし以下のメッセージが表示される場合は、パスワードをもっと強固ものにする必要があります。
 
 
 
パスワードジェネレーターを使うと楽です。
以下の画像をクリックするとリンクが開きます。
 
 
Registerが完了するとログイン状態になりますので、右上の買い物かごをクリックします。
(買い物かごに何も入れていない場合、無料のプロダクトページで買い物かごに追加して下さい。)
 
以下の画面はニュースレターの申し込みなので、申し込んで良いと思います。
メールアドレスを入力して「Subscribe」をクリックです。
(私は申し込みました)
 
 
以下のの通り入力していきます。
 
・「First name」に名前、「Last name」に苗字を入力します。
・「Country」は 「japan」
・「Street address」は〇〇市より後ろの部分を入れます。
・「Town/City」に○○市町村を入れます。
・「Postalcode/Zip」に郵便番号
・「Email address」にメールアドレス
 
入力が終わったら、「Next」をクリックします。
 
ここでは特に入力せず、「Next」をクリックします。
 
 
「Total」が0.00であることを確認して「Next」をクリックします。
 
チェックボックスにチェックを入れ、「Place order」をクリックします。
 
 
以上で完了です。
 
あとは自分の環境にあったファイルをダウンロードします。
 
 
 

コメント