ArturiaのPigments 2をシーケンサーとして使う方法2(音付き解説)

プラグイン
スポンサーリンク

ArturiaのPigments 2をシーケンサーとして使う方法2(音付き解説)

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

前回はシーケンサーの基本部分を解説しました。

前回の記事はこちら

今回は以下の二つの部分を解説します。

・ランダムシーケンサをランダムで生成する
・MIDI outをして他のVSTiを鳴らす

ランダムでリフを作って外部のVSTiを鳴らし、サンプルをペタペタ張ったのがこちら。
(EQ、CompなどはせずOzoneを最後に挿しただけの手抜きです)

最初に鳴っている音のリフが殆どPigmentsで作ったリフで、Dexedで鳴らしてます。

 

Pigments 2のシーケンサをランダムで生成し続ける

これは以下の動画をまず見てみて下さい。

Pigmentsの良い所はランダムで再生成させるタイミングを指定出来ます。

このランダム機能を使うと永遠とランダムでメロディを作り続けてくれます。

使い方は「Auto Regen」を有効にするだけです。

例えば1Barであれば1小節毎にランダムで再生成されます。

短くも設定出来ますが、問題は良いフレーズ!と思っても次の生成が行われてたら、失われてしまいます。(Ableton Liveであれば他のMIDIトラックで記録できるかもしれません)

FLStudioだとBurn to MIDIで書き出してから判断するしかありません。

更にバリエーションを増やすにはLFO等を使ってスピードをモジュレートすると良いです。

簡単に解説しておきます。

LFOの「Reset Source」を「Free」にしておきます。

「RATE」斜め右下にある「+」をクリックします。

LFOのメモリを動かすとRATEがLFOでモジュレート出来ます。

こんな感じにシーケンスの再生スピードをLFOで変えられます。

 

Pigments 2にMIDI outをして他のVSTiを鳴らす

Pigments 2は結構重たいので、Pigments 2で生成するシーケンスを他のVSTiを鳴らす方法を解説します。

毎度の事ですが、FLStudioを使います。

Pigments 2 にMIDI outを設定

左上の歯車アイコンから「Settings」を開き、「Output port」を「0」に設定します。

Pigments 2の使わない機能を切る

Synth部分とFx部分はOFFにしましょう。

Synthは以下の赤枠部分4つです。

Effectsは以下の赤枠部分6つです。

他のVSTiにMidi inの設定をする

ここではDexedを使います。

左上の歯車アイコンから「Settings」を開き、「Input port」を「0」に設定します。

以上で完了です。

このページ内の音は殆どDexedです。

リバーブはADAPTIVERBを使っていますが、Plate系のリバーブを使うと少し近い感じになります。

ArturiaのPigments 2をシーケンサーとして使う方法2(音付き解説)まとめ

ちょっとPigments 2のシーケンサ良過ぎですね。

良い感じのランダム具合で飽きません。

そしてDexedADAPTIVERBの相性が良過ぎです。

Dexedは使っている人あまり見かけませんが、もっとみんな使った方が良いと思います。

以下の記事で詳しく解説していますので、興味を持たれた方は是非。

コメント